坊勢島のサバのしゃぶしゃぶ

今朝、JR姫路駅北市バスセンター乗り場の37番バスに20分ほど乗り姫路港へ。
高速いえしまで30分ほどで、真浦港に着く。
同じ姫路市内でも、中心部に行くのに1時間ほどかかる。

この不便さが島の魅力かもしれないが、島外の人はほとんどいない。

3時間ほど、家島をハイキング。
道は狭く坂が多いが穏やかな海面をながめながらの散策は心が休まる。

食事をするため、坊勢島へ渡り、「乱菊すし」でサバのしゃぶしゃぶを食べる。
島付近で夏に獲られたサバを育てたものらしい。
臭みがなく、おいしい。鱧と鯛を混ぜたような感じ。

また、海老の塩焼き、ちらしずし、イカの刺身、ニューメンや海藻プリンも
他では味わえないものであった。
(合計5000円)

画像


また、食べに行きたくなる店であった。

しゃぶしゃぶの蓄養鯖か坊勢島 播磨公


画像





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック