お菓子の姫路城

「姫路菓子博2008」に出品されたシンボルモニュメントの姫路城の
工芸菓子を市役所で、無料公開しているとのことであったので、
ちょっとよってみた。

総勢40人の和・洋菓子職人が、一年をかけて作りあげたお菓子のお城は、
実物の50分の1のサイズで、瓦の数まで再現されているらしい。

城の周りの大名行列も含め、素晴らしい出来具合であった。

でも、なぜお菓子で作るのだろう。なんかもったいない感じがするのは私だけだろうか。

画像

    姫路菓子博2008シンボルモニュメント工芸菓子
    「姫路城 白鷺の夢」
    使用材料 グラニュー糖、マジパン、寒梅粉等 1.6 t
    製作期間1年


諸行無常の鐘が鳴る魔女の城   播磨公

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Fujimi
2008年06月02日 02:28
淳心第15回生の飲み会で菓子博のこと話題になりました。淳心のそばが会場ですね? 帰省します8月まで開催していますか?
播磨公
2008年06月02日 22:17
菓子博は5月11日に閉会しました。
お菓子の姫路は、5月14日から市役所北別館で、無料公開されていますが、いつまで公開されるかは?です。公開時間:平日9時~17時。土日休館(ただし、6/1までは土日も開館)
姫路市HP
http://www.city.himeji.lg.jp/s60/2873652/_10294/_16751.html

この記事へのトラックバック