カエルの見方

眠りにつく時、カエルの鳴き声が気になる。
グワグワグワ~。

車の騒音が小さくなり、カエルの鳴き声の方が大きくなっている。
ガソリンの高騰が影響して、夜間の交通量が減っているのか。

カエルは、このガソリンの高騰を歓迎しているようだ。
もっと上がれとカエルは歌っている。
見方を変えれば、原油高は良いことか。

グワグワグワ~気になるが、心を安らかにする鳴き声。
そしていつの間にか寝てしまう、今日この頃。

跳び上がる油塗りたてカエルかな    播磨公


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Fujimi
2008年07月07日 00:00
国道2号線沿いにあった生家で、車が少ない1960年代から1970年代は、この道の向かい側の田んぼの蛙の声が聞こえていました。石油が、蛙の声を消していたのですね。
harimakimi
2008年07月12日 21:57
そう思います。過度に車に頼りすぎている生活を見直さなければと、なるべく、徒歩・自転車、電車で移動するようにしています。

この記事へのトラックバック