式典

今日、仕事の関係である式典があった。
最近、経費等の縮減で式典の開催は縮小している。
お金はかかるし、準備が面倒なこともあるだろう。
しかし、式典の祝辞を聞くと、式典にもそれなりの必要性があるように感じた。
理由は3つ。第一に、区切りがつくこと。第二に、祝辞には感謝や祝いの言葉があり、それを聞いて嬉しい気持ちになること。そして、第三に、式典は記憶に残りやすいこと。
式典の準備で休日出勤したが、有意義な一日であった。


式典は言葉の神が踊りだす   播磨公


P.S フレンドの友達が主催者代表あいさつ。世間は狭い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

Fujimi
2009年04月26日 22:08
式典や言葉の神も踊りを休む BN
Harimakimi
2009年04月28日 23:16
添削ありがとうございます。
切れがあり、筋が通った句になったように感じます。

この記事へのトラックバック