法事

父の13回忌。住職から12年間の感想は?と聞かれる。12年が非常に短く感じた。というのが私の感想。12年間、父がいないので、その記憶がない分、早く感じるのかもしれない。真ん中の弟も同意見、下の弟は長くも感じたらしい、子供が2人生まれたり、いろいろ(転職)あったとの感想。
住職さん曰く、「お父さんが守ってくれているのでみなさん順調ですね」


父のことを思うと、高村光太郎の「道程」を思い出す。

僕の前に道はない
僕の後ろに道は出来る
ああ、自然よ
父よ
僕を一人立ちさせた広大な父よ
僕から目を離さないで守る事をせよ
常に父の気魄を僕に充たせよ
この遠い道程のため
この遠い道程のため

17回忌にはもっと良い記憶を残すよう気を引き締めよう。


お経聴き気迫を満たす梅の花   播磨公

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック