もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

標記の長いタイトルの本(ダイヤモンド社発行、岩崎夏海著)を読んだ。
タイトルのとおり、ドラッカーの『マネジメント』を読んだ、高校野球部の女子マネージャーが、進学高校を都立大会優勝まで導く内容の小説。話の展開は想像できる範囲内だが、経営学的な要素が入っており、企業家を目指す大学生やオーナーなどが読めば良いだろう。


感動や人を生かしてこそオーナー   播磨公





以下、キーワードを抜粋する。若きオーナーさんには参考になるかな。


マネージャーの資質 は真摯。(大リーグでマネージャーといえば監督だが…)


まず、組織の定義付け。
『高校野球部の定義は、顧客に感動を与えるための組織』

企業の目的と使命を定義するときの出発点は、顧客を満足させること。

顧客とは誰か
高校野球部の顧客とは、野球部員。その他、野球をやるためにお金を出してくれたり、お金をださないまでも、協力してくれたりする人。親。先生。学校。高校野球に携わる人。
顧客が野球部に求めていたのは『感動』。


企業の目的は、顧客の創造である。


企業の2つの機能、マーケティングとイノベーション。
マーケティングは顧客の現実、欲求、価値からスタートする。
マネジメントとは、生産的な仕事を通じて、働く人たちに成果をあげさせなければならない。
働きがいを与えるには、仕事そのものに責任を持たせなければならない。

そのためには、(1)生産的な仕事、(2)フィードバック情報、(3)継続学習が不可欠である。

働きがいを与えるには、仕事そのものに責任を持たせなければならない。働きがいは、責任というものと表裏一体。「人を生かす」こと。


イノベーションとは、新しい満足度を生みだすこと。
組織のなかではなく、外にもたらす変化である。
イノベーションの尺度は、外の世界への影響である。
高校野球で例えば、「ノーバント・ノーボール作戦」

 市場において目指すべき地位は、最大でなく最適である。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック