親善試合

相産と善戦むなしく敗退。つながる打力で逆転もしたが、走塁とランナーをおいての守備が課題。冬に走りこんで、機動力のある攻めをしてもらいたい。攻める強い気持ちがないと勝てない。昨年の夏の勝つ勇気を思い出して欲しい。昨年の反動で守りが弱い。攻める気持ちが弱い。
J 000 332 000=8
A 201 111 40×=10
先発M、6回まで粘投するが、投球数も多くなり7回につかまる。8回からY。

2試合目は練習試合。相手は控え選手を主に出場。こちらは先発投手、ショートとセンターをベンチに控えての対戦。久々の快勝。でもトーナメント方式の親善試合に負けたショックは大きい。
A 011 000 100=3
J 000 050 21×=8
先発Y完投。

画像


監督の声なきベンチ埃舞う  播磨公

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

Harimakimi
2012年11月08日 21:20
最近ブログシステムの調子が悪いのかな?アップしてもすぐ表示されない。

この記事へのトラックバック