宝筐院の紅葉と祇王寺の虹の窓

先日、京都嵯峨へ。宝筐院の紅葉は見事で感動しました。コンパクトな庭園に多くの楓の紅葉した葉が重なりあい、絵を描きたくなる空間でした。座敷からゆっくり眺めることもでき、また、行きたいと思いました。
 祇王寺は、竹林と楓に囲まれた草庵で、平清盛の寵愛を、ひととき受けた白拍子の祇王らを祀る悲恋のお寺。虹の窓(吉野窓)から竹林を見ると、人生の果敢無さと、時間の大切さを感じた。


祇王が障子に書き残した言葉は心に残る。

萌え出づるも 枯るるも同じ 野辺の草
 いづれか秋に あはではつべき

画像

楓の葉恋する時は虹のよう   播磨公

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック