愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)

昨日、京都日帰りドライブへ。
目的地もなく駐車したのが、奥嵯峨の愛宕念仏寺。
平安初期に造られた火除地蔵菩薩像などが祀られている。


特徴的だったのが、1200羅漢像の姿。良く見る五百羅漢とは顔つきが全然異なり、どこか滑稽である。
観光客らしき女子大生風のグループが、ゲラゲラと誰誰クンに似ていると大声で笑っていたのが印象に残る。


羅漢像は昭和56年から10年間、1200人の一般の参拝者自身の手によって掘られたと知り、驚いた。
苔が生えていたのでそんなに新しいものとは思わなかったことと、30年の歳月が新しい観光名所となっている。


画像

愛くるし愛宕念仏寺の羅漢像   播磨公

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック