プロ野球セリーグ優勝の広島の選手の使い方

 25年ぶりの優勝の広島。1949年に親会社を持たない市民球団として創設。他球団と比べ、財力が小さいので大リーグの外人選手や、他球団からの有力選手を引きぬくことも少ない。

 優勝を決めた昨日の選抜メンバーには生え抜きが7人。他球団を経験しているのは黒田と新井だけで、この2人とて、もともと広島でたたきあげた選手である。

 一昔前の日本的経営システムを採用している。新人から育てて、チームの主力選手になっていく。当然、帰属意識の強いチームになっていると思う。スパー選手を集めている今の巨人とは異なる。

 凡人の私は、広島の選手の使い方が好きだ。凡人の夢は25年に1回でなく、もっと頻繁に叶ってほしいと思いました。



 爆心後市民球団生き長く   播磨公

 末永く師匠と弟子は磨き合う  播磨公


追伸

先日、伝統の巨人阪神戦へ。東芝シートは空いていた。
優勝に関係なくなると、応援も減る。
強いものに人気が集まる。
これは、生き物の習性なのかもしれない。
ちょっと悲しい現実かな。

阪神の青柳投手の生きの良さと
福留選手のまだ現役で頑張っている迫力を
感じたことが収穫であった。



画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック