未来一滴、論語と算段

職場の同窓の懇親会と社宅時代に親しくした方の退職祝い飲み会と続く。

最近、アルコールに弱くなったと感じている。

解毒する力が落ちているのだろうか。

年を重ねて、量より質を重視すべきかな。




長距離通勤でだいぶん体力と時間を消耗している。

なんとか、気分転換と今、手にしている本が

乾佐枝 句集の「未来一滴」と 渋沢栄一(守屋淳 訳)の「論語と算段」

じっくり、読んで身にしみこませたい本です。





触れそうな手と手の間の冬銀河  乾佐枝


天命に実地に歩く俳句なり 播磨公

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント