夏井いつき 俳句の種をまく NHKドキュメンタリーを見て


今、テレビで一番人気のある俳人と言えば、夏井いつきさんであろう。

話し方が明快で、わかりやすい例えや情景で俳句を指導される。

日本人に広く俳句を広げようと種をまかれている。

難病に戦う人や、社会になじめず引きこもりだった人などが、俳句を作ることにより

心の中が整理され、浄化されるような効能が俳句にあると伝えるような感じかな。

季語と生活の出来事を組み合わせて情景を詠むことを基本とされている指導かな。


夏井さんに俳句を世界に広げる志を持つのがなついし番矢さんだと感じた。



本物は数より質の宝石だ  播磨公



夏井いつき 俳句の種をまく NHK ホームページ
https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-12-30&ch=21&eid=02403&f=etc

夏井いつきブログ
http://natsui-and-co.jugem.jp/?day=20191225

口頭試験終了


先日、ある口頭試験を終える。

筆記試験より、口頭試験の方がプレッシャーがあることを実感。

この1か月、いろいろ調べて準備した。

若くないので記憶力が良くない分、しんどかった。

試験会場には全国から30代~70代の受験者が集まる。

みんな、いろいろ頑張っているんだなーと思った。


結果は3月上旬。

もっと30代くらいのときに受験した方が良い。

しかし、年をとってからの勉強は、ちがう意味で良いことのように感じた。


星ひとつ面接試験天の川  播磨公

157649948179371306801-thumbnail2[1].jpg