テーマ:風景

近江神宮一人旅

旅と言うほどもものではないが、先日の海の日、近江神宮へ足が自然に向かった。 万物の運命開拓の神・開運の大神と称される「天智天皇(天命開別大神)」が祀られている。 663年日本は百済を救援するため朝鮮半島へ出兵するが、白村江の戦いで唐・新羅連合軍に大敗し、667年都を飛鳥から近江大津へ遷都。日本初の法令や戸籍がつくられ、水…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

飾らぬ美味しさ赤穂パン

たまに赤穂までわざわざパンを買いに行きます。赤穂城公園の近くにある「赤穂パン」、職人気質のパン屋さんで、種類が多く、色々考えられた創作の美味しいパンがたくさんです。店員さんもパンに詳しく本当にパンが好きで働いているような感じが気に行っています。クチコミで人気があり、店内は程良く賑わっています。  外観も職人気質って感じでシンプルです。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

パトリック・ベリジェのモニュメント

明石海峡大橋の開通に合わせ、フランスの建築家パトリック・ベリジェが、デザインされた巨大な鳥居のようなガラスのモニュメントが淡路島公園に建設される予定であった。21世紀は交流の時代ということで、交流を意味する巨大なガラスの門のモニュメントであったが、1995年の兵庫県南部地震により、計画が頓挫した。 今日、何気なくドライブがてらに寄った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御神木 加古川駅南西(ニッケ)のイチョウ

 イチョウと言えば秋のイメージだが、芽吹く前のイチョウには力強さを感じる。 冬の寒さに耐え、引き締まった幹と枝が、 春先の陽射しを受けられるよう、 大空に手を上げている。 その手のひらからは、春の陽気が出ている。 加古川駅南西のニッケ跡地にある御神木。 樹齢約360年。いつ見ても神々しい。 手を上げてもうす…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

明石海峡大橋のレインボウ

クリスマスの今日、明石海峡大橋はレインボウ照明。 ゴージャスな感じ。虹の色。 夢を感じる色が、淡路島と本州を結ぶ。   その景色を見にアベックもちらほら。 虹のような夢を語り見つめ合っている。   一方、レストランの若い店員は働いている。 お客の笑顔のために。   恋愛も仕事も、一所懸命さは素敵で美しい…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

日岡神社

 床屋の「Tokka」に置いてあった、中津村の歴史を調べた冊子を見て、 近くの日岡神社に行きたくなり、散髪帰りに寄る。10年ぶりくらいかな。 日当たりが良く暖かい。生まれたての赤ん坊を連れた参拝客がちらほら。 播磨では有名な安産の神様。  古墳がちらほらあるこのあたりには何らかのパワーを感じる。 日の神やイブの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

牛窓

 昼からドライブがてら牛窓へ。 釣り客が多少いるが、冬に観光するようなところは見当たらない。 ブルーハイウェイの道の駅だけが賑わっている。 牛窓の静かな波が雲隠れ  播磨公
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レトロな龍野

 午後から車で、オータムフェスティバルを開催中のたつの市へ。 ひっそりした田舎に活気が出ている。 歩いている人々が景色をつくっている。 ぶらり、ぶらり、和菓子屋に寄ったり、武家屋敷を見たり。 醤油の匂いがする黒い街、たつの。 夕焼け小焼けの赤とんぼができたまち。 レトロな時間がゆっくり、そうめんのようにながれている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すすき

13日の午前中、簾や網戸の一部を水洗いし冬支度。 昼からは気分転換に神河町の砥峰高原へすすきを観に行く。 すすきの時期にここへ来るのは初めて。 昨年の映画ノルウェイの森のロケ地になるなど有名になりつつある。 若者も来ており、静かな田舎が明るくなったような感じがする。 普段見ないすすきの広がる高原を歩くと、 心もそよ風に吹かれ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

栗林公園

計画性もなく栗林公園へ車で向かう。県営の駐車場が満車だったので、そのまま北進。北門付近で、高齢のおばさんたちに手招きで民間の駐車場に呼び込まれる。料金は表示されていないが、どこも変わらないだろうと思って、奥の方へ誘導され駐車する。料金は前払いで700円と言う。ちょっと高いと思うが、時間もないので黙って払う。  少しして、近くのタイムズ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

神社巡拝(ひのわかみやと陽の道しるべ)

 夏石番矢さんが昨日、M大学の『古事記』ゼミの下調べのため淡路の神社を回りたいと言われたので、その足として、私も同行することになった。  淡路では、伊弉諾神宮、平見神社、伊弉諾神宮摂社濱神社(浜之宮)、岩屋神社、そして加古川の天之御中主神社(アメノミナカヌシノカミ)を巡拝する。  今まで、淡路の国生み神話を端から信じていなかったが、…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

ひめじ別所駅前

6年前に曽根駅と御着駅の中間にできた新しい駅のひめじ別所駅。 近くに用事があったついでに駅前を散策する。 高級なマンションの新築工事かと思って近寄ると、 それは、石川病院の新館であった。 外壁等に景観への配慮が感じられる。 100年経っても古びない建物である。 3月新館オープンとなっており、病院の人気もさらに高まることだろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤穂

気分転換に赤穂へドライブ。 赤穂城跡公園に車を停め、大石神社や赤穂駅前を散策する。 城跡公園や駅前が綺麗になっている。 観光バスが3台ほど来ていたが、発展途上の観光地って感じで少し淋しい。 街歩く足音響く石畳み   播磨公
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

淡路ハイウェイオアシス

昨夜と今夜、家で仕事を行う。 昼間は淡路島公園へ気分転換のドライブ、公園散策。 淡路サービスエリアから無料で行き来できるハイウェイオアシスへ。オアシス館はおしゃれで立派な建物で館内の高木の観葉植物(ベンジャミン?)が良い。 2階のみけ家で食事、地元で獲れた魚を使った料理はおいしかった。 食後、1時間ほど公園を散策してリフレッシュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石彫

生野銀山の入り口付近で石彫のモニュメントを発見。 形は、表と裏の区別ができないメビウスの輪。 石なのにコンニャクで作ったかのような造形である。 何か光波のようなものが出ているような感じがする。 神秘的な石彫モニュメント。 作者牛尾啓三氏は何を願い彫られたのだろうか。 男女が手を合わせダンスしているようにも見える。 石なのに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

道の駅みつ

海を見に龍野市御津町室津へ。 国道250号沿いに新しい道の駅があり、そこからの景色は抜群。 半年ほど前に出来たらしいが、大勢の人でにぎわっている。 穏やかな瀬戸内海と遠くに見える島々が、コンクリートの額縁から見える。 コンクリートの街から竜宮城へ吸い込まれるような感じになる。 室津の夏の海の景色はやはり良い。 島浮か…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花火大会

昨日、加古川の花火を見る機会があった。 水管橋付近から約3000発の花火。 大勢の人が河川敷に押し寄せる。 何万人いるのだろうか。 お年寄りより、若い、家族連れやカップルが多い。 浴衣姿もちらほらいる。 花火を見上げ、夢を抱く人。 夏、真っ盛り。 百万の瞳の花火てんかする  播磨公
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

揖保川

暑いのでちょっと涼しげなところへドライブ。 道の駅波賀南まで行く。 その裏手に揖保川が流れている。 揖保川も宍粟の上流まで来ると清流になる。 鮎釣りされている方もちらほらいる。 しばらく川の流れに見とれる。 川の水と石はお互い磨きあっている。 どちらもキラキラ輝いている。           磨き合う…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

京都 仁和寺など

昨日、ふらっと京都へ行く。 往復約250km、渋滞を避け、亀岡市経由で片道約2時間40分のドライブ。 京都市内は、奈良平城遷都1300年祭の影響で観光客は少ないようだ。 おかげで、仁和寺の駐車場も待ち時間なしで、ゆっくり散策でき、立派な建造物と美しい庭を堪能できた。 そこから徒歩で等持院へ。初代足利尊氏公や徳川家康の木造が印象に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

トラベラークレーン

先日、JR加古川線(西脇市内)の鉄橋が建設されている珍しい風景をふと目にした。 建設中の鉄橋の上にクレーンが載っている。 自分で巣を作りながら移動する蜘蛛のようなクレーン。 できた橋の上に一番に載るのは怖いだろう。 命かけ鉄橋作る鉄の蜘蛛   播磨公
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸港

神戸港は街と山が近く風景の良いところが多い。 風景が美しいから人が集まる。 人が集まるから人を楽しませるいろんな仕掛け物がある。 美しい風景に、面白い物、楽しそうな顔。 これらが神戸港の魅力である。 春風や海神笑う神戸港    播磨公
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

加古川の海辺は煙突が覆う。 煙がもくもく湧き出てくる。 鉄もどんどん出来ている。 害もあるが益もある。 白や黒けむり生まれる播磨灘   播磨公
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生口橋

因島と生口島を結ぶ「生口橋」。尖がった細長い主塔が2本。車でこの橋を通ると怪物の股の下にいるような感じにもなる。 この怪物を造ったのは人間。 利用するのも人間。 無駄だというのも人間。 この橋は、景観を乱しているとも言えるし、景観を創っているとも言える怪物である。 怪物や沈黙の島結ぶ橋  播磨公
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阪神5号湾岸線の音叉のような橋

南港のインテックス大阪へ行く道中。 阪神5号湾岸線はいろんな形の橋が見える。 まるで橋の博物館だ。 未来の道を走っているようでわくわくする。 そんな中、一番、美しいと感じられるのは東神戸大橋。 斜めのケーブルが天に繋がっている。 音叉のような形の主塔が心を揺さぶる。 この橋はアートなんだ。 夕焼けも揺らす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

倉敷美観地区

佐用町の三日月へ行くつもりが、倉敷へ変更。 これも高速道路千円の影響。 より魅力ある街を選択する。 姫路・龍野・相生・赤穂・岡山を過ぎ去り、倉敷の美観地区で降りる。 江戸時代の街並み、白壁に黒瓦、川沿いに柳の並木。 石やガラス細工を売る店など。 歩いて楽しい街。 行き交う人も徒歩なのが良い。 姫路も大手前通りから…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

向日葵(sunflower)

通勤途中、ひまわりがあまりにもきれいので写真を撮った。 皆こちらを向いているから不思議。 黄と橙に緑の色が大地を覆い、美しい。 しかし、写真で良く見ると、中には横を向いているのもいる。 また、奥の電柱が針のよう大地を突き刺している。 この風景、ぱっと見た時は美しいと思ったが、全体をよく見るとそうでもない。 向日葵の黄色と橙色…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明石海峡

海の日の祝日、海を見に明石海峡へ行った。 この辺りは景色が良い。 大橋や淡路島、行き交う船や海辺で遊ぶ人々を見ると、心が安らぐ。 近くのアウトレット店には、若者がたくさん来ている。 美しい海と島、地平線と夢の大橋、お洒落なショッピング店が若者を引き付ける。 人寄せる今も昔も明石海峡   播磨公 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クレーン(crane)

加古川駅西隣に高いクレーンがそびえ立つ。 14階建て152戸のマンションを造っているようだ。 ランドマークになるような建物らしい。 期待と不安をこの細くて高いクレーンは感じさせる。 雑居な町並みはどうなるだろう。 日当たりが悪くなる場所はどうするのだろう。 クレーンが造る雑居な加古川市   播磨公
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松尾山(高仙寺山)~丹波富士(白髪岳)登山

今年、初めての登山。 8時20分、JR須磨駅から車に乗せてもらい、9時40分に住山登山口に着く。 松尾山経由で白髪岳の登頂を目指す。 苔で杉の幹までが緑色の道が続いたかと思うと、次は落ち葉の茶色の道が続く。 そして、途中、古い石積み(城跡、寺跡)、石仏、僧侶の墓碑などを発見できる。 大化元年(645年)法道仙人開基から大正…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

高砂市高砂町 ブラックスリーポールロジェ

ランチを食べに高砂へ行く。 客はだれもいなかったが、店内の雰囲気は落ち着いた感じで悪くない。 パスタランチ(1050円)は美味しかったが、連れの頼んだ湯豆腐のランチ(1180円)は彩が無く、家でも簡単に作れそうな内容であった。 通りも人影が無く、街なのに寂しい感じであったが、近くの十輪寺の山門は凛として素晴らしい。 街も店も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more