テーマ:まち

三木山森林公園

ウォーキングするために三木山森林公園へ行った。 昨日の水泳の疲れが出て身体が重たく感じたが、 この公園の樹形は美しい。 池の形も自然だ。 芝生で遊ぶ子供や、虫を追う子供も多く、ほっとする。 若い人たちがくつろぐ場所。 たまに行きたくなる場所である。 大木や虫を見つける子供たち  播磨公
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

携帯電話ドコモメールの送受信エラー

メールを携帯電話から送信しようとしたらエラーメッセージ。 メールを取得できません メールサーバー imap2.spmode.ne.jp が応答しません。 メール設定で入力されているアカウント情報が正しいことを確認してください。 1か月前からこの状態のもよう。 困ったもんだ。  ドコモショップは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の雨に温泉

今年は暖冬と言いますが、寒く感じています。 冬の雨空、あかねの湯に行ってリフレッシュ? 駐車場はほぼ満車でした。 天然温泉でないけど、スパー銭湯770円と値上げしても 多くの方で賑わっていました。 天然温泉黒川温泉とはえらい違いでした。 落人の黒い涙を堰き止めて  播磨公 山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多可町戎屋の酒まんじゅう

先日、ドライブがてら寄ったお店で名物酒まんじゅうを買った。 山田錦発祥の地の酒まんじゅう。 私は中のあんこがおいしいと思うが、味覚は人それぞれ。 さまよって酒まんじゅうの旨みかな  播磨公
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラベンダーパーク多可

久しぶりにラベンダーパーク多可へ行きました。 もう、ラベンダーの花は散っていました。 ラベンダーの木も所々、欠けているような感じでした。 それでも、多可香り工房という新しい施設がありました。 小さい建物ですが、工房からは、ラベンダーの心地よい香りがしていました。 なんとか、地域おこしの施設として続いてほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿児島の白水館

先日、鹿児島県へ1泊2日の夏休み旅行。ANAの九州復興割引で安価に良いところを廻れた。  指宿の白水館の砂風呂や温泉、どっしりしたクロマツの庭、館内の展示品、鹿児島湾の景色、そして美味しい懐石料理、朝のバイキングも良かった。神戸の有馬のように混んでいないので、ゆったりくつろげる。  鹿児島人はどっしりしている。関西人のように…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

迎賓館特別公開

明治35年の建築物で国の登録有形文化財に指定されている迎賓館(兵庫県公館)で記念コンサートがあったので行ってみた。 館内は美術館のように洋画など120作品が飾られている。 皇族が利用する貴賓室や特別室、会議室には、洋画などが飾られ、趣のある照明や建具、立派な椅子など豪華な空間であった。 明治の頃の公的な力強さと誇りを感じた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オータムフェスティバルin龍野

たつの市へ紅葉を観に行ったら、たまたまイベントが催されていた。 レトロな街並みと古民家などを活用したフリーマーケットのような感じで、賑わっていた。 小京都と言われるが、紅葉はボリューム的に物足りないし、味覚も丹波のようにいろいろあるわけでない。そんな中、ライブイベントや落語などいろいろ音を活かした催しもあり、良いまちおこしイベン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

室津海駅館、室津民族館

11月は関西文化の日として入館料が無料になる文化施設があるので、この機会にドライブがてら、たつの市室津町の文化施設へ行ってみた。  室津へは、海の景色が素晴らしいので道の駅まで良くドライブしているが、海駅館や民族館へは初めて。 室津は、713年 播磨風土記に「この泊、風を防ぐこと室の如し、故によりて名とす」と室津の名の由来が記述…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

かこがわ フェスタ

日本青年会議所主催のイベントが市役所前広場等で開催されていた。地域の魅力を感じるためのイベントなのかな? 陣内智則さんのトークと「かりゆし58」の歌を少し聞いた。 陣内さんは、加古川市の別府町出身でまだ住民票が加古川市にあり、たまに帰省するらしい。加古川の武器は?との問いに「かつめし」くらいしか思いつかないとの返答。加古川を離れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阪神淡路大震災から20年

 月日は早いもので、阪神淡路大震災から20年も経つ。 地震により、いろんなものが破壊された。 社会インフラは震災前より、良い物が復興されたが、組織や人の心はまだ復興途中ではなかろうか。 社会は30年で変わるとも言うが、あと、10年後に完全なる復興を期待したい。  震災や浮き沈む人泡のよう  播磨公
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天龍寺の庭

先日、京都天龍寺へ。嵐山は人で賑わっていた。やはり、京都は田舎にない魅力がある。精魂込めてつくられた神社仏閣や庭園など、感動できる空間が広がっている。住む人にある誇りがそうさせているのかもしれないし、職人が多く住まれているからかもしれない。  天竜寺は、松の形が良いし、庭の手入れが行き届いている。清らかで凛とした雰囲気が漂っていて、私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予防接種

昨日、インフルエンザの予防接種へ。 どれくらい待ち時間がかかりますかと、受付の中年の女性に尋ねたら、めんどくさそうな表情で、すぐ回ってきますよと返答があった。 この病院の不人気な原因の一つが、この愛想のない受付かと思う。 無愛想がうつらない予防接種を打ちたくなった。 町医者の予防接種は曇り空   播磨公
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宝筐院の紅葉と祇王寺の虹の窓

先日、京都嵯峨へ。宝筐院の紅葉は見事で感動しました。コンパクトな庭園に多くの楓の紅葉した葉が重なりあい、絵を描きたくなる空間でした。座敷からゆっくり眺めることもでき、また、行きたいと思いました。  祇王寺は、竹林と楓に囲まれた草庵で、平清盛の寵愛を、ひととき受けた白拍子の祇王らを祀る悲恋のお寺。虹の窓(吉野窓)から竹林を見ると、人生の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

町の魅力

先日、湯の郷温泉へ行ったが、娘たちに鄙びた街並みに拒絶され、昼食だけを小正寿司でとり、倉敷美観地区へ行先を変えた。私自身はゆっくり、湯の郷温泉につかって、ゆっくり疲れをとりたかったのだが、滅多についてこない娘の意見を尊重することにした。倉敷美観地区は、多くの人で賑わっていた。娘たちは、観光客に群れて安心を得ていたのだろうか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西国二十六番 法華山一乗寺 ~京都の寺に負けぬ建築物~

何気なく山の緑を吸収したくて車に乗り北へ。緑の濃い方へ。大木のある方へ。 途中、一乗寺を示す存在感のある石の道標があり、一乗寺へ寄ることにした。 大きな杉と青々した山。石段昇ると威厳のある建築物。参拝者がつづく古刹。  見晴らしも良く心地よい緑色の風が吹いている。   国宝の三重塔は1171年建立、日本で8番目の古い塔。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京マラソン2012

東京マラソン2012をテレビ観戦。 最近、日本男子マラソンが弱いので、 期待することなく見ていたが、 無職の藤原新さんが、後半追い上げ、日本人としては、 5年ぶりの2時間7分台の好タイムで2位と健闘された。 久しぶりに観ていてワクワクするマラソンだ。 優勝はケニアのマイケル・キピエゴで2時間7分37秒。 元世界記録…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

牛窓

 昼からドライブがてら牛窓へ。 釣り客が多少いるが、冬に観光するようなところは見当たらない。 ブルーハイウェイの道の駅だけが賑わっている。 牛窓の静かな波が雲隠れ  播磨公
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市場まつり

 加古川卸売場の市場まつりに行く。 「いらっしゃい。いらっしゃい。マグロのトロがトロトロで美味しいよ」 「いらっしゃい。いらっしゃい。大安売り。買わなきゃ損だよ」 「いらっしゃい。地元でとれた新鮮な野菜どうでっか、小松菜最後の1つやで」 威勢のいい呼び込み。コンビニでは聞けない大声。活気がある。 この活気を聞き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤穂温泉(よみがえりの湯)

 忘年会兼ねて赤穂温泉に入浴。 赤穂で温泉とは聞きなれないが、よみがえりの湯「赤穂温泉」とちらしにある。 健康回復・美肌効果に優れた「よみがえりの湯」とは、うまく命名している。 写真で見るより小さな浴室。塩辛い湯。 特に肌がすべすべすることないが、たまには身体を塩湯で清めるのも良いかと思う。 (泉質:含弱放射能-Ca・Na-塩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レトロな龍野

 午後から車で、オータムフェスティバルを開催中のたつの市へ。 ひっそりした田舎に活気が出ている。 歩いている人々が景色をつくっている。 ぶらり、ぶらり、和菓子屋に寄ったり、武家屋敷を見たり。 醤油の匂いがする黒い街、たつの。 夕焼け小焼けの赤とんぼができたまち。 レトロな時間がゆっくり、そうめんのようにながれている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道の駅御津

 先日、道の駅御津に夕食を食べに行く。 ここはお勧めの道の駅。景色が良いし、建物もきれい。 シーサイドレストランは、新鮮な水産物を使って値段もリーズナブルで美味しい。 私が食べたのが、牡蠣膳(1580円)。 車で1時間、また行きたいと思う。 瀬戸内の夕日が沈む牡蠣の味   播磨公 道の駅御津HP h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すすき

13日の午前中、簾や網戸の一部を水洗いし冬支度。 昼からは気分転換に神河町の砥峰高原へすすきを観に行く。 すすきの時期にここへ来るのは初めて。 昨年の映画ノルウェイの森のロケ地になるなど有名になりつつある。 若者も来ており、静かな田舎が明るくなったような感じがする。 普段見ないすすきの広がる高原を歩くと、 心もそよ風に吹かれ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

播磨地酒文化を育む会&ひやおろしの会に参加

 酒の良さも分からずに「ひやおろしの会」に誘われたので酒造会社「岡田本家」の酒蔵へ行く。 参加者約200名近くかな。しげ真のお弁当がついて、お酒は飲み放題。 私は非会員なので会費6000円。 飲みすぎると頭が痛くなるので水を飲みながらひやおろしを味わう。 「ひやおろし」は、春にできた新酒を夏場に貯蔵して熟成させ、秋以降に出荷…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

鶴林寺収蔵庫新築工事

 散歩道の途中、鶴林寺の収蔵庫新築工事の進捗具合を見る。 瓦屋根が葺かれ外観がはっきりしている。 完成が来年秋となっており、まだずいぶん日がかかるようだ。 神社仏閣は宮大工さんたちが精魂こめて丁寧に造っているんだろうな。 歴史に残る神社仏閣の建築現場には何やら職人の凛とした仕事魂がうごめいている。 宮大工寺の建…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

丹波篠山味祭り

昨日から各地で秋祭り。 私の住む播磨の国でも、「ヨーイヤサー、五穀豊穣…」と 子供たちの掛け声が聞こえる。 天気も良いので午後から丹波篠山の味祭りへ行く。 丹波には全国ブランドの黒枝豆、丹波栗や山芋、まったけ、 鯖寿司、和菓子など美味しい物がたくさんある。 それに加え、江戸情緒のある街並みは観光気分を味わえ、 丹波は2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相生の風音

今日は相生駅北にある某高校へ初めて行く。 山を切り開いた高台にあり、日差しは強かったが、さわやかな風がある。 風に乗っていろんな蝉の声が聞こえてくる。 クマゼミ、アブラゼミ、ニイニイゼミ、ツクツクボウシ、ヒグラシなど。 早くもツクツクボウシが鳴いている。 ヒグラシは、我が町で聴くことはない。 これだけで、自然豊かな街だと…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第13回KAKOGAWA踊っこまつり

例年通り、空いた時間に踊っこまつりを少し観る。NPO法人踊っこまつり振興会が主催で103チームの計約2700人が踊りを披露。 情熱的な踊りも良いが、一番の魅力は楽しそうな表情である。踊られているほとんどの人が楽しそうである。写真を拡大すると、かなり年の方も見受けられるが、生で見ると、若い美男美女に見えるから不思議である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

播州織

西脇へドライブ。播州工房館、THE NUNO、旧来住家住宅に立ち寄る。播州織は、1792年に京都西陣織から技術を導入し今日に至る。先に糸を染め、染め上がった糸で柄を織る先染織物が特色。まだまだ知名度はないが、斬新なオリジナル商品で地域おこしなるか、今後の動向に注目したい。 染められた糸を織りなすまちおこし   播磨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more