テーマ:京都

東本願寺と西本願寺

京都の東本願寺と西本願寺の両方にお参りした。 本堂が非常に大きく、大きな屋根が印象的だ。 初めて入ったが、金と黒色の世界。 本願寺は東も西も、どちらもよく似た建物で中もほぼ同じ、すっきりしている。 和風の教会の中のよう。 東寺とは雰囲気がぜんぜん違う。 仏像が少ない。 土産売り場も朱印帳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八島社殿と東寺

先日、京都の東寺へ 東寺には、八島社殿があり、それは地主神らしい。 八島社と言うのはわが国を大八島洲瑞穂国と言うことから起こった社号。 古事記では、本州・九州・四国・淡路・壱岐・対馬・隠岐・佐渡などの八つの島の総称とされている。 今日、平成が終わり、令和の時代に移る。 天皇陛下さまが、平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平等院ライトアップの非日常

紅葉を見に京都へ 今年は例年より遅れ気味で昨日はちょうどよい見ごろであった。 特に印象に残ったのは、紅葉のライトアップにより、紅葉がより赤くなること。 一番驚いたのは、ライトアップにより、平等院の仏像(ご本尊阿弥陀如来像)がキラキラ輝いて見えること。 美しい形の平等院とその中央に見える仏像、非日常的な幻想的な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大徳寺 真珠庵 何をやってもだいじょうぶ ?

京都、臨済宗 大徳寺へ初観光。 禅寺であるが、永平寺と雰囲気が偉く違うように感じた。 お寺のスタッフのガイド説明は良いと思ったが、 じっくり、方丈や襖絵を自分のペースで見られない。 観光客を早く回すようにも感じる。 2つのお寺をめぐる特別展のセット価格がお得と、2000円。 あっという間に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

法然院 善気山念仏会

浄土宗の法然院の念仏会ので、梶田貫主の法話を聴く。 南無阿弥陀仏と念仏を唱えるだけで誰もが極楽へ行けるという教え。 他力本願 ありのままに生きればよい。 人はみな等しく愚かな生き物。 あるがまま南無阿弥陀仏今が底  播磨公
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銀閣寺

炎天下でみる銀閣寺。 前回の記憶では素晴らしい庭園と感動したのだが 今回は、暑くてその感動が小さかった。 東南アジア系のカップルに 「ここは、金閣寺でないのか、金閣寺はここから歩いていけるか」と尋ねられ、 ノーと答えると、 金閣寺と間違って来たらしく、残念がっていた。 銀閣寺は、過…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

上賀茂神社 須波神社(癒やしの神)

先日、京都へ日帰り癒しのドライブ 上賀茂神社にある須波神社で癒される。 炎天下の手作り市で似顔絵を描いてもらった。 良い顔になるよう 表情良く 清めよう 私と私の周りの味方の健勝を祈る 神山の湧水の波鈴の音  播磨公
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知恩寺の手作り市と御所

遠距離通勤になって時間がない日々になっています。 京都に就職すれば良かったかと、思ったりすることも。 先週、知恩寺の手作り市と、御所へ。 やはり、京都は良い。 お寺にフリーマーケットのような手作り市。 手作りの小物、束子やカバン、帽子、パン、コーヒー、衣類、竹細工、アロマ石鹸、蝶の紙おもちゃなど、いろんなも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嵐電「福くるきっぷ」~北野天満宮「思いのまま」

正月限定特典付きの「福くるきっぷ」嵐電1日乗り放題(500円)を利用して京都のまちを散策。 京美人と聞いたことがあるが、京都を観光している人は、にこやかで美しい。 老若男女、国籍問わず、楽しそうな顔。 一番、歓心を抱いたお土産が、北野天満宮の梅の枝「思いのまま」。 梅の枝にひょうたんが1つぶら下がり、ひょうたんの中には玄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

極楽浄土の平等院

 先日、20年ぶりくらいに平等院へ行きました。 20年前は、さびれた感じで観光客も少なく、10円の表の建物にしてはひどく傷んでいるように思ったものでした。  しかし、今は、修繕されて世界遺産にもなり、観光客が多く賑わい、庭も綺麗に手入れされていました。   住職さんの青空法話があり、心が浄化されたように感じました。 死…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

職場の同窓会

昨夜は職場の同窓会。 年に1度、退職されたOBも来られる。 OBさんの出席が年々減少している。 高齢になり、体調が良くない方が多くなっているようだ。 お酒は飲みすぎない。 身体を動かし、頭を働かせる。 穏やかに活動的なのが理想と思えた。 良く遊び練りて金鉄ゆるみなく   播磨公
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

先斗町

先日、京都の八坂神社と平安神宮へ初詣。 京都の正月は、正月らしい雰囲気がある。 高瀬川と鴨川沿いに挟まれた地、先斗町にある「みます屋 ITALIANO」でランチをした。 窓から、鴨川が見えて良い雰囲気の店であった。 鴨川沿いをジョギングなどする方や座っている方などが多い。 ゆったりとした動きのある風景が新年の気持ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晴明神社

先日、京都の晴明神社へ。 平安時代の陰陽師、安倍晴明を祀っているこの神社は、小さな空間であったが、☆のマークは印象に残る。宇宙の力を引き出すかのようだ。 宇宙の壁を破ると神の世があらわれるのか。 現世は幻なのか。 不思議な謎めいたことに想いを馳せる空間であった。 数珠擦りじゅじゅつに負けて奥播磨   播…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鞍馬山

 鞍馬駅付近に駐車し、仁王門、由岐神社、鞍馬寺本殿金堂、背くらべ石、魔王殿、貴船神社、 そして貴船口駅まで合計約4.5km歩いた。   信仰の山である鞍馬山には、宇宙エネルギー(愛と光と力)を感じるようなスポットが随所にあった。 特に大木の根が地表を張っている山道が印象的だ。 ヒグラシが鳴いていて、日常とは別世界を味わ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

祇王寺

祇王寺の竹林と楓に囲まれた庭は圧巻、緑の色が美しすぎる。 草庵は小さく質素な家屋であるが、悲恋や世の無常を癒すパワースポットのように感じた。 『平家物語』にも登場し、平清盛の寵愛を受けた白拍子の祇王が清盛の心変わりにより都を追われるように去り、母と妹とともに出家、入寺した悲恋の尼寺として知られている。 また、何度もリピ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

旧嵯峨大本山 大覚寺

 いけばな嵯峨御流の誕生の地である大覚寺。 大沢の池の風景がなんとっても心休まる。 碧い山に静かな池、大きく立派な建造仏に手入れの行き届いた庭、神仏に捧げられたいけばな…。  やはり、京都は自然も文化も気高い感じがする。 学術、芸術を極めるのに最高の地と思った。 鯉跳ねる大沢の池都かな   …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)

昨日、京都日帰りドライブへ。 目的地もなく駐車したのが、奥嵯峨の愛宕念仏寺。 平安初期に造られた火除地蔵菩薩像などが祀られている。 特徴的だったのが、1200羅漢像の姿。良く見る五百羅漢とは顔つきが全然異なり、どこか滑稽である。 観光客らしき女子大生風のグループが、ゲラゲラと誰誰クンに似ていると大声で笑っていたのが印象に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天龍寺の庭

先日、京都天龍寺へ。嵐山は人で賑わっていた。やはり、京都は田舎にない魅力がある。精魂込めてつくられた神社仏閣や庭園など、感動できる空間が広がっている。住む人にある誇りがそうさせているのかもしれないし、職人が多く住まれているからかもしれない。  天竜寺は、松の形が良いし、庭の手入れが行き届いている。清らかで凛とした雰囲気が漂っていて、私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宝筐院の紅葉と祇王寺の虹の窓

先日、京都嵯峨へ。宝筐院の紅葉は見事で感動しました。コンパクトな庭園に多くの楓の紅葉した葉が重なりあい、絵を描きたくなる空間でした。座敷からゆっくり眺めることもでき、また、行きたいと思いました。  祇王寺は、竹林と楓に囲まれた草庵で、平清盛の寵愛を、ひととき受けた白拍子の祇王らを祀る悲恋のお寺。虹の窓(吉野窓)から竹林を見ると、人生の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キッチン洋のれん

河原町今出川に駐車し、徒歩で河原町通りの街並みを見ながら、夕食に適当なところがないか探す。 下調べをしていないので、全くの直感、店の雰囲気で良い店かどうか判断する。 3kmほど歩き、大通りから少し入ったところに客はだれもいなかったが、「キッチン洋のれん」という名前と、老夫婦?2人の誠実そうな感じが良かったので、店の中に入ることにした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都 仁和寺など

昨日、ふらっと京都へ行く。 往復約250km、渋滞を避け、亀岡市経由で片道約2時間40分のドライブ。 京都市内は、奈良平城遷都1300年祭の影響で観光客は少ないようだ。 おかげで、仁和寺の駐車場も待ち時間なしで、ゆっくり散策でき、立派な建造物と美しい庭を堪能できた。 そこから徒歩で等持院へ。初代足利尊氏公や徳川家康の木造が印象に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

JR京都駅 駅舎

JR京都駅の駅舎は、高い吹き抜けと渓谷状の階段が辺りを広く見通せて心地良い。 内側から見える屋根の形とその建築部材の間から見える空が安心感を与えてくれる。 陰影に富んだ空間で他の人の動きが見やすい点が良いと思う。 陰影と吹き抜け高い京都駅    播磨公
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

竜安寺の庭

私が一番好きな庭はこの竜安寺の庭だ。 石庭を含めた全体の雰囲気が気に入っている。 石庭の前に座った後、鏡容池の周りを歩くとなぜか非常に満足した気分になる。 吾唯足知(われただたるをしる)ことを感じることができるようだ。 唯、座るだけ 唯、歩くだけで幸せを感じる。 そして、自分の使命とは何かをこの鏡容池は映す。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二条城

9日は卒業20周年の同窓会が京都であったので、ついでに二条城と竜安寺に寄る。 二条城には30年ぶり。 猛暑であったが、二の丸御殿の中は意外に涼しかった。 天井が高く、檜で造られた柱は太く重厚な感じがする。 特に一の間の部屋は、1867年に15代将軍慶喜が諸大名を集め、 大政奉還を発表した歴史的な場所であることを思い武者震い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more