テーマ:音楽

蜜蜂と遠雷 バロックバイオリンと明石FOP

昨日は、映画「蜜蜂と遠雷」を観た。 そして、今日は小さなコンサート 古楽工房主催のバロックバイオリンのコンサートを聴いた。 世界は音に溢れている。ピアニストで飯を食えるのは一握りの人だけと映画で言っていたが クラシック音楽の厳しい現実。 小さな演奏会「テレマンとバッハ」2000円と安い。 これま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画 「ボヘミアンラプソディー」

久しぶりに感動する映画を見た。 ロンドンの伝説的ロック歌手クィーンのフレーディ・マーキュリーを主人公に 彼のロックスターとしての一生を描く物語。 11月9日から上映され、大ヒットらしい。  厳格な父との折り合い  店員との恋  ソングライターとしての成功   メンバー内の意見対立 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バッハからのメッセージ NO.14 F,クープラン生誕350年を記念して

カトリック加古川教会にてバッハのメッセージコンサートが開催される。 「聴いた人の人生を変えてしまうほどのJ.Sバッハの音楽は、どのようにして生まれたかのか」をテーマにした演奏会。 今回は、バッハが大変影響を受けたとされるフランソワ・クープランの曲をメインに演奏された。 奏者はバロックバイオリンを佐藤泉氏、パイプオル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フジコ・ヘミングwith長峰高志N響

明石市民会館で催された演奏会へ S席9800円、満員御礼 1300人ほどの席がいっぱい。 かなり高齢であるから、正直あまり期待していなかったが、 実際、演奏を聴いて、その素晴しさに感動した。 モーツアルトのピアノ協奏曲21番、リストのラ・カンパネラとフジコ・ヘミングの熟練の極み 私の目の奥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インフィオラータこうべ北野坂&高橋リエJAZZ

こうべ北野坂では、震災復興イベントして、インフィオラータ(路上に花を敷き詰める)の催しを続けている。初めて見ましたが、なかなか興味深いものでした。 インフィオラータは、イタリアジャンツァー市で18世紀より、街の中心でされているらしく異国情緒あふれる発想だと思いました。 また、JAZZの歌声も響き、さすが北野坂という御洒落な雰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひとつ山こえてみよう会演奏 鶴林寺にて

たつの市を中心に活動されているバンド「ひとつ山こえてみよう会」の演奏が鶴林寺の講堂であった。 観音講のあとに参加された方が多く、室内は満員。 室津、龍野、播磨地酒の岡田酒造、玉岡かおるさんのランナウエイなど播磨地域にちなんだ曲が披露される。 昭和時代のよき、ほっこりした感じの歌声。 30年以上続いているだけあって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嶽崎あき子門下生 選抜メンバーによるヴァイオリンコンサート スパーキッズ!

加古川松風ギャラリー2階にて素晴らしいコンサートがあった。 加古川市長も見えられ、定員100名以上の120名ほどの超満員の観客でした。 門下生40名ほどの中から、特に努力されている3名が選抜されたらしい。 このコンサートを通じ、マナーも学んでもらうとか。 指導者としての心意気が感じられた。 演奏は、3部門。 最初は無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フロントランナー佐藤俊介(33歳)さんの記事から

昨日の朝日新聞記事に興味を引く記事があった。  新聞によると、古楽の名門楽団「オランダ・バッハ協会」のコンサートマスターを、2013年から務めるバイオリニスト佐藤俊介さんが、来年6月からその音楽監督につくらしい。30年余り楽団を率いた指揮者ヨス・ファン・フェルトホーフェンさん(65)の後任で、現地では驚きを持って迎えられたとか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

生命とリズム

ヨーロッパ経済の閉塞感、日本も同じだと感じる今日この頃。 生命、本来の宇宙・自然のリズムを取り戻すため、 今日、バスケットボールを購入。 自然の重力を感じるためドリブルの練習をしようと思う。 バッロク時代の音楽を聴いて感じるリズム。 王朝の愛した音楽に、生命力アップの効能があるのではないか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木のこころ 仏のこころ

松久朋琳、西岡常一と青山茂氏の対談、『木のこころ 仏のこころ』春秋社(昭和61年発行)を読む。 木の命からできたものには、木の魂がやっどっていると感じた。 木管楽器や弦楽器もしかり。 特に弦楽器はガット弦や弓の毛は動物の腸や尻尾の毛から作られており、より、一層、命あるものである。 音楽は物ではない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しずかさや数十年回弾行

 バロックヴァイオリンの演奏会を聴きにカトリック加古川教会へ。 延暦寺では約7年かけて比叡山中を1000日間、回峰巡拝するなど修行して、大行満大アジャリという尊称が与えられるが、今日のヴァイオリンニスト佐藤泉氏はまさにその域以上ではなかろうかと感じた。  200人程度が入る会場はほぼ満員。普段、意識しない小さな音、パンフレットをめく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パルナソス~メサイア

素晴らしい音楽の演奏を姫路のぺルナソスで聴いた。 プロの合奏団とソリストに加え、地元の中学生たちの合唱が調和したメサイアの曲。 心地良い響き、機敏で丁寧な神業の楽器演奏に美しいソリストの声。 心清らかになる3時間。会場は9割の入り。また聴きたいと思いました。 赤ん坊の肌にアゲハ舞う   播磨公…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふれあいコンサートinアミティ2016ピアノ島崎央子~魂の響き   

神戸である人の引っ越しの荷物運びを済ませ、午後から、西宮市民会館でピアニスト島崎さんのコンサートへ。800数十名の入場者、高齢者が多い。 阪神大震災の被災者を励ますコンサートから続いているらしい。 曲の紹介を交えながらの温かいコンサートでした。 シベリウスの「樅の木」の曲を弾く時、島崎さんは、北欧の寒い冬に、少し暖かい太陽が出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸マラソンに加古川フィルハーモニー演奏会

 過ごしやすい季節、イベントが各地で催される。 午前中は、引っ越しの手伝いに神戸へ。その帰りに京橋パーキングで、神戸マラソンランナーを応援する「ガンバレー」という声援を聴く。   午後は、加古川市民会館で加古川フィルの第39回定期演奏会を拝聴。開演15分ほど前に着いたが、1階席はほとんど埋め尽くされ、最後尾に1席あいているのを見つ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今、手にとる二つの書籍『鎌倉佐弓全句集』『Bleib bei uns,Bach』

『鎌倉佐弓全句集』  先程、帰宅したらゆうメールで鎌倉佐弓全句集が届きました。 365頁、全1878句。一言で言い表せられない豊かで暖かい句集です。男性では感じにくい日常生活からの深い気づきが随所にあると思います。これから、じっくり読んでいきたいです。心の処方箋になります。 うろこ雲ドレミファソラシまだひらく  鎌倉佐弓 h…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

フラウト・トラヴェルソ

 今日、トラヴェルソを初めて身近で拝見、拝聴させていただいた。 ぱっと見たところ、木製の少し太めのフルートかな。 耳に優しいまろやかな音、自然な木の音。 芯の通った音楽で心地よい。 プロなので、やはりすごいところがある。音質と表現力が違う。 数曲、一緒に弾かせていただき、貴重な体験となった。 感謝です。 ヒモを腰に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古武術の発見「マニュアル(大脳)のオート化こそが達人の領域。マジック・ハンドの動き」

光文社の『古武術の発見』養老孟司、甲野善紀 対談 を拾い読みして、 記憶にとどめたいポイントを以下にメモしました。 甲野「型というのは『癒着をはがすための基本動作』、・・・日常的にパターン化した筋肉なり身体感覚のブロックをバラバラにすること」   「武術の場合は、いろんな筋肉とか、それに付随する感覚というのものも、別々にむ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三木室内管弦楽団30周年記念公演

 1985年に結成されたアマチュアオーケストラ「三木室内管弦楽団」の30周年の記念演奏を聴きに行きました。小ホールに8割くらいの聴衆、お年寄りが多い。無料でプロのヴァイオリンニストとの協奏曲があるから超満員かと思ったがそうでなかった。   プログラムの他に30周年記念誌も配布されていた。  30年前に緑が丘中学に弦楽アンサンブル部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淡路乳牛がモーツアルトの曲を聴いている?

淡路島牧場の乳牛は毎日8時間、モーツアルトの曲を聴いているらしい。 癒しの曲、モーツアルトの音楽を人間が聴けば賢くなると言われることもあるが、牛が聴いて、たくさん牛乳を出すのかわからないが、面白い試みと思います。 ただ、かわいそうな事に乳牛の寿命は本来、12年あるが、乳を採られる牛の寿命はその半分の6年程度と命を削って、牛乳などを提…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

墓石に花

お彼岸、父の墓参りへ。 天気が良かったからか、墓苑の駐車場は、ほぼ満車であった。 墓苑のほとんどの墓石に花が供えられていた。 墓石はグレーなものが多く、仏花は菊、カーネーションやユリなどで色が、『白+赤+黄色+紫+ピンク』 の5色をメインにしたハデな色が多く、墓石と仏花の色合いが美しい。 切られた花というのは、捧げも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

パルナソスホールの響き「古楽器で聴くバッハの魅力」

今日、姫路のパルナソスホールで、素敵な演奏会があった。新ポジティフオルガンやヴァイオリンなど、きれいに良く響くホールであった。 演奏は撮影や録音が禁止なので記録は残せなかったが、私の記憶に残すため、ブログに記載したい。 姫路市立高校に隣接するパルナソスホールは804席あり、立派なパイプオルガンが印象的。館内もお洒落な造りで綺麗に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

縄跳び

先月、ある方から縄跳びを勧められ、試してみたがふくらはぎが痛くなり、数回で辞めていた。昨日も縄跳びを勧められたので、今朝、跳んでみた。普通に跳べるが、2重跳びが跳べない。10年くらい前に子供に教えるために簡単にできたことが出来ないので、ちょっとショックであった。 縄が短く跳びにくいこともあると思い、2.8mの長さの縄跳びを買って、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィギアスケート世界最高得点の更新

またもや世界最高得点を更新した羽生選手のフィギアスケート。 踊り流れるような動きとスリリングな音楽に心を揺さぶられた。 自分を越える。 その集中力。 何度も観たい記憶に残るスケートでした。 音楽はソニーミュージックOTONANO 陰陽師スペシャルサイトで視聴できるようです。 http://www.11…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

迎賓館特別公開

明治35年の建築物で国の登録有形文化財に指定されている迎賓館(兵庫県公館)で記念コンサートがあったので行ってみた。 館内は美術館のように洋画など120作品が飾られている。 皇族が利用する貴賓室や特別室、会議室には、洋画などが飾られ、趣のある照明や建具、立派な椅子など豪華な空間であった。 明治の頃の公的な力強さと誇りを感じた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴァイオリニスト 20の哲学

千住真理子著のこの本、シンプルにまとめられているので直ぐ読み終えることができる。 20歳の時の挫折を乗り越え、身に着いたヴァイオリニストの秘密が20項目述べられている。人生教訓書的なこともあり、幸せに生きるヒントになると思う。 以下に記憶にとどめたいことを8項目、記す。 1.月を指す指:「音楽の感動を表現するために技術…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Grass Flavor

篠山から帰ってきてすぐ、鶴林寺の観月会へ行った。 法楽に尺八そして、お月見コンサートとして、ブルーグラス音楽を拝聴した。 ブルーグラス音楽とは、アメリカ南東部のアパラチヤ山脈一帯に入植したスコットランド人やアイルランド人が伝承した音楽であるとか。陽気で素朴な音楽であった。少しの時間聴くつもりが、最後まで聴いてしまうほど、期待…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダンスレッスン

 初めて、ダンスのレッスンを受けた。初心者用で1時間少しだが、品格のある音楽を学ぶためである。主にステップを習った。3拍子、2拍子、6拍子とアクセント、身体が上に伸びるようなステップ。 左足に重心で右足スタート。小またで軽やかに姿勢良く上半身を伸ばしステップ、ひざを曲げ伸ばす、つま先立ちなど。音楽にずっと合わしたダサイ動きでなく、アク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西洋リズム

市川宇一郎著、音楽之友社発行の「リズムに強くなるための全ノウハウ」を図書館で借りて読んだ。 時間は動き、進むから、先を読んで準備をして音を出す練習をしないといけないと思った。 記憶に残ったワードを以下に記す。 西洋リズムとは、動き。 時間の進行に支配される。 リズムをカウント 躍動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病院の演奏会

昨日、ある病院で小音楽会があった。 ヴァイオリンニストの演奏は、立体的で生き生きした魂の音を奏でていた。 さすが、世界で鍛え上げただけある。 パフォーマンスで騒がしい音ではなく、聴きたくなる音色、耳を澄ましたくなる生き物の音であった。 障害の持った多くの患者の良薬になったのではないかと思った。 王様のバロックの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more