テーマ:家庭菜園

小さなスイカとナスビの実

小さなスイカの実を1個、発見。 ゴルフボールくらい。 ボーリングの玉くらいにはなって欲しいが、どれくらい待てば良いのか、 わかりませんが、観察していきます。 ナスビの方は2個あらたに実をつけ大きくなっています。 まだ梅雨はあけませんが、雨が降るたびに野菜の苗は育っています。 梅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茄子の実

 茄子に1つ実がついた。 4月25日に苗を植えて約2カ月でやっと実がつきました。 野採用の土を入れた成果かな。過去、最高の大きさ。 大きく曲がった形で内側に穴が開いていたけど 焼きなすにしたら、実がしっかり詰まっていて、少し甘みがあって、美味しく頂けました。  あと何個実がつくのか楽しみです。 茄子の実やたわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不知火

今日、不知火を植えた。シラヌヒと言う柑橘類の苗木。 熊本県宇土郡不知火町で栽培され始めたことが名の由来らしい。 実を採るのは3年先にした方が良いとのこと。 油粕を肥料とし育ててくださいなど、店員からアドバイスを頂いた。 さて、3年先どうなっていることだろうか。 3年後不知火の苗に実なるか   播磨公
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミニフルーツトマト

ミニトマトは栽培がしやすいので、我が家の小庭に毎年2、3株を植えている。 今日、やっと赤くなりだしたのを1つ食べる。 今年植えたのはミニトマトにフルーツがついたものなので、 フルーツのような甘味があるはずが、かすかに甘味を感じる程度。 酸味があり普通のトマトっていう感じがする。 無農薬、少肥料、ほったらかしだから、まあいいか。…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ゴーヤ

プランターに植えたにゴーヤに小さな実を発見。 まだ茎も細く、葉も少ない。 肥料が少なかったからか、下の方の葉は黄色くなりだした。 緑のカーテンには程遠い。 明日、肥料買って追肥しようと思う。 水もあげよう。 小さな実を見つけて愛おしくなる。 ゴーヤの実肥料と水を待っててね   播磨公 ゴーヤ・キュウリの肥料…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミニトマト

 ミニフルーツトマトの苗、まだ小さいが、夏にはたくさん実をつけてくれるだろう。ささやかな夏の楽しみ。 トマトの苗赤く熟した夏を呼ぶ  播磨公
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アスパラガスの若芽

今春は転勤があり、いつもより忙しい春。 小庭をほったらかしで雑草が生い茂る。 そんな中、雑草をかきわけ、アスパラガスが生えてくる。 アスパラガスは、竹のように伸びるのが早く、その生命力にいつも感動する。 食べても、その瑞々しさは最高である。 身体の中が浄化されるような味は格別である。 雨上がりアスパラガスは伸び盛…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

イタリアントマト

4月24日に植えたイタリアントマトの実が熟している。 真っ赤で皮は厚い。 細長い感じだが、縦横約6cm。 酸味なく旨味がある。 来年も作ろう。 万緑に真っ赤なトマトイタリアン   播磨公 http://wakuwakukandou.at.webry.info/201004/article_7.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すもも育つ

蛾の卵を処置したおかげか、毛虫は今のところ見当たらない。 昨年8月に毛虫が異常発生したから油断できないが、すももの実がすくすく育ってきている。 一方、2か月前に植えたスナップエンドウの苗はうまく育っていない。 枯れかけで小さい。 うまくいくこともあればだめなこともある。 これが自然なのだろう。 枯れた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蜜柑の幼果

雨に打たれて花が落ち、 蜜柑の小さな幼果が出てきた。 水も滴る幼果。 神秘的でもあり、妖怪のようでもある。 自然にどこまで育つか見守ることにしよう。 花破り幼果誕生勿怪の日   播磨公
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

 小庭で自生している苺が実りだした。 今日、1つ熟したものを口にする。 1粒だけだったので、味わう前に胃の中に入ってしまった。 もっとたくさん収穫できるよう、小株を生かすべきだった。 苺はどんどん小株を生み出し拡がっていき、小庭の邪魔になる存在であるが、手はかからない。 そして、一年一年、今の環境に合うように進化しているだろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蛾の卵

隣の土地へ木の枝が伸びているので剪定する。 その時、すももの木の枝にぶつぶつがいっぱい着いているのを発見。 蛾の卵? 気持ち悪い。 毛虫になる前に雑巾ですりつぶす。
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

加古川メロンの苗

JAふぁーみんショップ神吉で地元名のついた苗が売っていたので買う。 その名は「加古川メロン」。 JA兵庫南管内で約20年前から栽培されているらしいが、聞いたことがないメロン。 おいしいかどうか分からないが、地元名に魅かれて買う。 地元名地産地消の風が吹く  播磨公
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリアントマト

イタリアントマトの苗1本を買って小庭に植える。 おいしそうな名前にひかれて買ったが、 インターネットで調べるとこのトマトは皮が厚く加熱して食べるタイプのトマトらしい。 生で食べると、おいしいかどうかわからないが、早く育ってほしい。 イタリアン魅惑の言葉や赤い顔  播磨公
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アスパラガス

小庭の片隅にアスパラガスの若茎が例年通り出てくる。 採りたては甘く瑞々しい。 肥料や農薬もやることなく自然に育つ。 そんなアスパラが一番好きです。 土破るアスパラガスや春は此処   播磨公 http://wakuwakukandou.at.webry.info/200904/article_2.html…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハーブ(herb)

姫路香寺のハーブガーデンでロケットとパセリの苗を買い小庭に植える。 虫が付かずに大きくなることを祈り写真を撮る。 小庭よりハーブの苗よ森になれ   播磨公 香寺ハーブガーデン http://www.koudera-herb.com/ ハーブの香り http://www.herb-sce…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スナップエンドウ

 スナップエンドウの苗を植える。育つかどうかわからないが見守りたい。苗はかよわい赤ちゃんのよう。やわらかく新鮮な緑色。これからの成長が楽しみだ。 緑生むくねくね踊る豆の苗  播磨公 MEMO(途中経過に誤りがある可能性あり) J 1000001=2 白 0003000=3 互角の好ゲーム…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

耕す

小庭の葉ダイコンを全部抜いて耕し消石灰を撒く。 小さい土地、日当たりも良くはない。 世話するのも週末の気の向いた時だけ。 それでも植物はそれなりに育ってくれ、小さな感動を与えてくれる。 やっかいな雑草や虫など普段気にしないことも気にかけるようになる。 季節や天候にも敏感になる。 耕し種を蒔かないと何も成果が得られない。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葉ダイコンの収穫

ハットリくんの種を蒔いて、約2カ月。 食べ頃の大きさになり収穫する。 葉はところどころ虫に食べられているが、許容範囲だ。 普通、捨てられる葉が命の葉ダイコン。 ダイコンなのに根が小さい、風変わりなダイコン。 寒風にも負けず、元気よく育つ葉ダイコン。 冬の小庭を緑にしてくれてありがとう。 万緑や寒風の中の葉ダイコン …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葉ダイコン 種から40数日目

種をまいて40数日、葉が30cmほどになる。 普通の大根より成長は早い。 小さな庭に青々したダイコンの葉が彩りを添える。 葉ダイコン手足伸ばして落ち葉踏む   播磨公 http://wakuwakukandou.at.webry.info/200911/article_4.html http://wak…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

蜜柑

我が家の小さな蜜柑の木。 その木は、高さ1m弱でふだん目立たない。 でも、鮮やかなだいだい色の実がなると非常に目立つようになる。 小さな太陽のような実が10数個。 そのうち、5個をもぎ取り、こたつの上に置いて、1つ食べる。 甘酸っぱい、さわやかな味。 自然の恵みに感謝。 鮮やかな蜜柑の色や小さい太陽  …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

葉ダイコン

種をまいて20日ほど、予想以上に良く育っている。 ところどころバッタに食べられている。 私も少し間引いて生で食べたが、カイワレ大根のような味。 おいしいというより体によさそう。 手を広げすくすく育つ葉ダイコン   播磨公
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

「葉ダイコン・ハットリくん」の芽

6日前に蒔いた葉ダイコンの種から早くも芽が出てきた。 あんな種が芽になるって神秘的。 光と水の力に感謝。 「虫や病気に負けないで大きくなれ」と念じ水をあげた。 まるでわが子を育てているような心境だ。 種に水光求めて芽が育つ   播磨公 (野球メモ:公式戦) 網干0100023=6 J  00…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大根の種まき

小庭に大根の種を蒔いた。 よく育つか未知。 だからこそ、収穫時に感動を味わえる。 畑の土の厚みが薄いので大きな大根の収穫は期待していない。 大根の葉っぱを食べようと思っている。 巻いた時期が少し遅いから発芽すらしないかもしれない。 日当たりもそんなに良くない。 いろいろ心配事もあるが、なんとか育ってくれ。 種まいてあ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

金柑

小庭の片隅にある金柑の実がオレンジ色になった。 木の下には、鳥の食べ残しが落ちている。 いつの間に食べにきたのだろうか。 私も3個、もぎ取って食べてみた。 直径2.5cm。 少し苦く、少し甘い。 種が4個。 美味しくはないが、自然の味。 ビタミンたっぷりなので、食べるようにしよう。 金柑や小鳥ささやく人…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブロッコリーの蕾(つぼみ)育つ

アオムシに葉をほとんど食べられていたので、収穫をあきらめていたブロッコリーが、蕾をたくさんつけてきた。 すごい生命力だ。 アオムシに食べられ、ほったらかしにされても花を咲かせるために生育していたのか。 アオムシと蕾育むブロッコリー   播磨公
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more