日本のエネルギー

石油ショック以降、官民一体となって省エネルギーとエネルギー多様化を進めた結果、エネルギー効率(消費原単位)は約35%改善、石油依存度は約30ポイント低下しているらしい。
このため、今回の原油価格上昇による経済への影響も小さくなっているようだ。
しかしながら、エネルギー安全保障と地球温暖化問題への対応に向け、さらなる省エネ及び原子力等のエネルギー多様化を推進する必要があり、太陽光、風力、バイオマス等各新エネルギーの普及に向けた施策を推進するとともに資源国との関係構築など、総合的・戦略的な取組強化に取り組むと、経済産業省 資源エネルギー庁HP平成18年度エネルギーに関する年次報告に記載されている。

順調に施策を進めることを期待する。

新エネの技術立国日本浮上   播磨公

参照 経済産業省 資源エネルギー庁HP平成18年度エネルギーに関する年次報告
http://www.enecho.meti.go.jp/

エネルギー消費原単位: 73年度1.62g/円→ 05年度1.05g/円
石油依存度: 73年度77% → 05年度49%
(日本の石油依存度は5割弱まで低下。特に、発電部門や都市ガスでは、約1割まで低下。)
(注)エネルギー消費原単位=エネルギー総供給/実質GDP
石油依存度=石油総供給/エネルギー総供給

日本経済新聞 2008年5月15日(夕刊)なるほどビジネスMap
発電電力量に占める原発の比率
(主要国:2005年度、OECDと電気事業連合会の試算)
(1位)フランス83%
(2位)日本・ドイツ31%
(4位)英国22%
(5位)米国21%
(6位)カナダ15%


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック