第26回 十三夜観月会 鶴林寺 

 独りで観月会へ。開園が18:00であったが、19:00頃、鶴林寺へ着く。ちょうど、クロスオーバーカルテット演奏会のオープニング。ソプラノ、ピアノ、管弦四重奏、パーカッションの若い7名による音楽は、十三夜の月に趣の風を流す。
観客500人~1000人が、心地よい風の中、十三夜の月を楽しむ。
特に、ソプラノを歌われる三柴広子さんの「ホフマン物語 人形の歌」は良かった。人間の声の美しさを感じた。楽器では表現できない大自然の中の人間の声。生き生きしている声。大きな波動を感じる響き。お坊さんのお経に似た響き。生死の響き。

画像

十三夜ソプラノ響く鶴林寺   播磨公
人形の歌流れ満月が朧月へ坊主がカメラマンへ   播磨公
朧月ソプラノ流れトキメク坊主  播磨公



通常500円の入山料がいるが、今日は無料。
後援、加古川商工会議所、加古川観光協会。ありがたい。
18:00~20:40


画像

1 月の光、2 見上げてごらん夜の星を、3 この道、4 ゴンドラの唄、5 宵侍草、6 ニューシネマパラダイス、7 エターナリー、 8 踊り明かそう、9 My Heart Will Go On、10 2台のヴァイオリンのためのコンチェルト、11 ホフマン物語より 人形の歌、12 Fiddle Faddle、13 ノクターン OP.9-2、14 アメリカ、15 涙そうそう、16 川の流れのように、17 七つの子、18 荒城の月、赤とんぼ、ふるさと
アンコール曲 情熱大陸

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック