吟遊 56号 届く

国際俳句雑誌 吟遊が今日届く。

感謝感激!

巻末の吟遊俳句ギャラリー56では、小生の7句もban’yaさんの評があり、大変参考になり、励みになる。


※評
 すべてがきよらかな俳句。第三句が現代性と作者の志向を最もうまく結晶させています。問題点は、第一句の「紫陽花」と「虹」に見られるように、あらかじめ予想されるイメージの類似を表現しているところ。また、播磨公さんの清浄志向がどこまで根強いものか、今後とも見守ってゆきたいです。これまでにないタイプの俳人になるかもしれません。


第三句  

傷ついた僕にキスする蓮の花    播磨公


第一句

雨降って紫陽花光る虹のよう     播磨公


画像



他の俳句やエッセイなど、じっくり読もうと思います。

代表の夏石番矢さん、編集の鎌倉佐弓さん、いつも、ありがとうございます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック