法事

 今年、2度目の法事。
先日は長崎で祖父20回忌、本日は播磨で父17回忌。
神社とお寺の違いはあるが、あの世を考えさせられる行事だ。

住職から法事の意味の説明がある。
あの世に行っても修業し、回忌ごとに担任の先生がかわるように、仕える仏がかわり、徳が積まれていくとのこと。

 こういう機会があることにより、兄弟家族が集まり、いろんなことに頑張ろうと思うのかもしれない。





けもの道あの世この世もとおせんぼ   播磨公

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック