日本、メダル最多41個、400リレー銀の快挙(第15日現在)

 リオでのオリンピック、日本人の活躍がすごい。
テニス、卓球、バトミントン、400mリレーなど、今まで獲得したことがない種目等でのメダル、歴史的な快挙である。
 
活躍しているアスリートはみな若い、20歳代が多く、いわゆるゆとり教育世代。ゆとり教育の成果なのかもしれない。きっちり、実力を出し切る精神力を持っている。楽しんでプレーするゆとりが力になっている。
 
では、なぜこんな良い結果になったのだろうか。英国の哲学者ジェームズ・アレンの『「原因」と「結果」の法則』(サンマーク出版)を戸棚から、出してきて考えてみた。

 69頁以降に書かれている「ビジョン」がキーワードかな。
心に留めたい3節を明示すると

「気高い夢を見ることです。あなたは、あなたが夢見た人間になるでしょう。あなたの理想は、あなたの未来を予言するものにほかなりません。」         

「・・・現状への不満が、彼に行動を強いています。彼はいま、わずかな余暇を有効にもちいて、潜在能力の開発とパワーの強化に努めています。」

「・・・強い信念を維持し、数々の犠牲を払い、粘り強い努力をつづけてきた人たちなのです。そうやって理想の実現をめざして、さまざまな困難をみごとに乗り越えてきた人たちなのです。」



幸せや楽しむビジョン金メダル  播磨公

不満変えわずかな余暇に運弓  播磨公

泥沼の灼熱からの蓮の花   播磨公


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック