姫路城の見事な桜

新年度が始まりましたね。

5月からの新元号が令和に決まり、

時代が変化していきます。

環境の変化に対応する適応力が求められる時代ですね。


先週は明石公園の桜を見に行きましたが、桜が老木になり樹形がかなり悪くなっていました。

それにくらべ、姫路城の桜の見事なこと。

姫路城に桜がこんなに植えられていたとは気づかなかった。

満開の桜の存在感はすごいと感動しました。


30年先を見据えて桜を植えて世話を続けている成果ですね。

時代が変わっても最高のものは変化しないし、飽きないですね。

画像


祝令和昭和に植えた桜咲く   播磨公







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック