テーマ:姫路

姫路城の見事な桜

新年度が始まりましたね。 5月からの新元号が令和に決まり、 時代が変化していきます。 環境の変化に対応する適応力が求められる時代ですね。 先週は明石公園の桜を見に行きましたが、桜が老木になり樹形がかなり悪くなっていました。 それにくらべ、姫路城の桜の見事なこと。 姫路城に桜がこんなに植えられていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パルナソスホールの響き「古楽器で聴くバッハの魅力」

今日、姫路のパルナソスホールで、素敵な演奏会があった。新ポジティフオルガンやヴァイオリンなど、きれいに良く響くホールであった。 演奏は撮影や録音が禁止なので記録は残せなかったが、私の記憶に残すため、ブログに記載したい。 姫路市立高校に隣接するパルナソスホールは804席あり、立派なパイプオルガンが印象的。館内もお洒落な造りで綺麗に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国宝姫路城大天守保存修理

 先日、姫路城へ。平成21年から始まった平成の修理工事は大詰め。 事業費28億円(国庫補助65%、姫路市35%)。 1964年に完成した昭和の大修理(工期30年間)から半世紀が過ぎ、壁などの傷みや汚れがあるため、お城の化粧直しをするもので、工事内容は主に次の3つ。 ①壁の漆喰塗(外側のみ7400m2)、 ②瓦の張替(…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

書肆風羅堂にて夏石番矢さんのトーク&俳句朗読

 今日、姫路小溝筋の古書店「書肆風羅堂」にて番矢さんのtalk&readingがあり、拝聴する。会場いっぱいに人が集まり、熱心に聴講される方ばかり。 会場が小さいので間近に俳句朗読を感じることができる。  『世界俳句2012 第8号』から海外の俳句を中心にコメントを交えながら日本語と英語等で朗読される。その中に、私の駄句1句…
トラックバック:7
コメント:13

続きを読むread more

第13回CGSジョイントコンサート

主に姫路市内で活動されているセレスチナ合唱団、月曜会、姫路市民合唱団のジョイントコンサートを聴きに姫路のパルナソスホールへ行く。ピアノの音色と弾むような高音に癒される。 あでやかなピアノの上のなびく腕   播磨公 観客400人程度、高齢者が多い。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「交響詩ひめじ」合唱コンクール

姫路のパルソナスホールへ合唱を聴きに行く。 県南部の11団体が参加。各団体、7名から30名ほどが声を調和させて歌う。 澄んだ声、歌になる言葉、音の強弱、高低、リズムは、心をゆさぶる。 今日は、良い音楽の時間を持つことが出来た。 合唱や口が波打つ音ひとつ   播磨公 【審査結果等】 小学生・中学生の部 最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more